住  所 〒371-0017 前橋市日吉町2-25-1  写真 群馬県立勢多農林高等学校
TEL/FAX 027-231-2403/027-233-1291
E-mail hiro-kuribara@staff.gsn.ed.jp
URL http://www.setano-hs.gsn.ed.jp/
施設概要
活動概要

@サクラソウの保護と商品開発
A遺伝子資源の保存と活用の研究(大

 白 ダイズなど)
Bヒメギフチョウの保護活動

広報資料 なし
 
活動@ サクラソウの保護と商品開発(体験活動)
対象者 植物バイオ研究部の生徒
場 所 赤城山の群落
時 期 通年(培養実験を含む。フィールドでの活動は3月下旬〜5月)
時 間
活動内容 サクラソウ個体数調査、花型調査、異型花柱花間の交配。
●自生地の環境整備活動。
●盗掘防止。また希少性緩和のために商品の開発。
※群馬県自然保護連盟と連携。
 
活動A 遺伝子資源の保存と活用の研究(大白 ダイズなど)(体験活動)
対象者 植物バイオ研究部の生徒
場 所 片品村尾瀬ドーフ研究圃場など
時 期 調査は通年。(フィールドでの活動は5月〜10下旬・11月)
時 間
活動内容 ●大白ダイズの育種。(純系分離法を実施。播種、苗取り、研究圃場への移植、大白ダイズ収穫調査 など)
●その他にも下仁田ネギなどの、本県の遺伝子資源を活用した品種・商品の研究開発。
 

活動B ヒメギフチョウの保護活動(体験活動)

対象者 渋川市立南雲小学校の児童
場 所 渋川市赤城町深山地区
時 期 4月下旬〜6月中旬
時 間
活動内容 ●下草刈りや産卵調査。
※赤城姫を愛する集まりと協力。
 
背景・目的 ・全国各地の伝統食材等が絶滅の危機に瀕しており、遺伝子資源の保全の観点からも保護が急務で あるため。
・研究開発において、地域の遺伝子資源を活用した地域農業の活性化や環境保全に貢献できるよう  になることを目的とする。
今後の展望 ・群馬県にジーンバンクを造りたい。
※ジーンバンクとは、生物多様性や農業などの分野で有用な生物の、遺伝子資源を保存するための  施設のこと。
 
ポイント! ・栗原先生のお話から、地域の方と協力して自然環境保護活動や植物に関する研究に力を入れて熱 心に取り組んでいる様子がうかがえた。
・2005年には文部科学省「目指せスペシャリスト」の指定を受け、研究内容などが各社新聞記事に掲 載されるなど、生徒の活躍ぶりが紹介されている。